積み立て投資とIPOと副業とトレードでセミリタイアへ。

働きながら積み立てやIPOで小賢しくセミリタイアを目指します。

つみたてNISA

スポンサーリンク

2017年の7月から海外インデックス投信の積み立てを始めました。

株やFX自体は2007年からちょいちょい手を出していますが、リーマンショックの時は幸い超貧乏だったため、投資などやっておりませんでした。

2010年からの欧州債務危機とかアベノミクスの初期は結構やってたかな?ガンホーを怖がって買わなかったのが悔やまれます(´・ω・`)

一応の結論は『私には短期トレードは向いていない』でした。まぁそれでもデイトレやりますけどね。。こっちは鍛錬あるのみ。トレードした日は日記をつけることにしています。

がっつり働いたり別の趣味をやりつつ、これから個別株投資やFXなどを始めるにはあまりに労力と時間と勉強代がかかるので、基本は仕事+投信積立が良いんじゃないかと思います。

investor20.com

んで、選択した投資信託は全てインデックス型です。

バフェットも推薦するS&P500のインデックスが中心。『一般ぴーぷるはS&P500のインデックス投資が向いている』と兼ねてからおっしゃられてます。

zuuonline.com

media.rakuten-sec.net

ちなみに日本には投資してません。未だに30年前の株価すら抜けない日経平均、少子高齢化でどれだけ頑張っても現状維持が精一杯だと思うので。

それに日本円で生活して公的年金を日本株に突っ込まれている状況なので、すでに結構な割合を日本に投資しているようなものですし。

積み立て銘柄(2018年3月現在)

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 大和-iFree S&P500インデックス
  • 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド

積み立てNISAの年間上限枠は40万円なので、枠いっぱいに投資できるよう逆算して振り分けてます。

証券会社は昔からSBI証券を使ってます。最近始まった毎日積み立てが熱いです。

matsunosuke.jp

毎月だと例えば20日に買い付け設定をしていたとして、もしその月の中での最高値が20日だったら?を考えるとちょっと損した気分になりますよね。というか損ですよ。

その点、毎日買い付けならリスク分散も万全だと思います。

投信積立とか聞くと沢山お金が必要と思われがちですが、SBI証券なら100円から可能です。

そして今年から始まった積み立てNISAなら、20年間は税金が無税。ほんとは利益の20.315%を持っていかれるんです。

あと枠が年間40万円までっていうのは正直ちょっと物足りないんですが、投資はつまらないくらいが丁度いいって言いますしね。

つまらなければ基準価格が常に気になってチェックばかりしてる……なんてことも無いですし。

ただしここ最近(2018年3月)の下落は安く仕込めるチャンスなので、特定口座で大和-iFree S&P500インデックスを追加で1日500円ずつ設定しました。2月の下落だけを見ると近いうち戻るかな?と思ったけど、先週トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争で2月の安値を簡単に下回ってしまいましたからね。

ちなみにこの大和-iFree S&P500インデックス、S&P500インデックス投信の中では現時点で信託報酬が一番安いのでオススメです。

相場の低迷が長引きそうなら更に追加を考えています。麻生さん、もしかしたら安倍さんが辞めたらドル円も荒れそうですしね。あんまり予想しちゃダメですけど。

kabukiso.com

iDeCo(確定拠出年金)もやりゃええやん…という感じですが、60歳まで下ろせないのは現状の私からするとリスキーに感じるので、始めるのはもうちょい先かなーと。

税額控除が魅力的なので、早めに開始したいところです。

会社に書類を書いてもらわないといけないのだけど、その書類を書いてもらえない「イデハラ」なんてのも起きているようで、ここらへんのシステムは改善して欲しいところであります。

 

うちの会社は書いてくれるだろうか……。

hodohodo-life.hatenadiary.jp