積み立て投資と米国株とIPOと副業でセミリタイアへ。

働きながら積み立てやIPO、米国株で小賢しくセミリタイアを目指します。

【雑記】「自分が辞めたら回らない」職場からさっさと転職するべき理由

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20180812141455j:plain

 

自分が辞めたら職場が回らない――

思い込みではなく本当にこんな状態になっているのなら、それはその人が優秀だからです。

 

そして、大抵そんな人の待遇はあまり良くありません。

それは、一人が辞めたら回らない職場の状態を放置しているような会社が高確率でブラック企業だからです。

 

普通はそのような状態に陥らないように、会社として何らかのバックアップ策を取っているはずです。

早い段階で後継者を複数人育てる、キャリア志向の強い人材を取り入れる、同程度の能力を持つ人材を複数用意する。

それができていないから、一人が辞めただけで崩壊するような職場になってしまうのです。

なぜバックアップ策を取れないのか?

それは上記の施策には大きなコストがかかってしまうから。

そのコストをかけられないような会社は、ギリギリの人数で回さないとロクに利益が出ない、優秀な人の待遇を良くすることもできない。つまり既にビジネスモデルが壊れかけている状況にあるということです。

このような状況はコスト上昇やライバル企業の参入などビジネス環境の悪化や、優秀な社員の退職などきっかけ一つで崩壊します。

 

自分が辞めたら職場が回らないと考えて転職を躊躇しても、会社は無情なもので業績が傾けばあっさりと切り捨てられてしまうでしょう。

 

そもそも待遇が良い状態に満足しているのなら、「自分が辞めたら職場が回らない」などと考えることもないですよね。

 

また、辞めると職場が回らないような人は、他のスタッフからかなり依存されている状況です。それはその人が他のスタッフに比べて優秀である証でもあります。

 

そんな優秀な人が転職活動を始めた時、世間の仕事の待遇の良さに気がつきます。

特に今は少子高齢化と生産年齢人口の縮小、アベノミクスによる景気回復の影響で深刻な人手不足が発生し、転職バブルが起こっている状況です。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ブラック企業は長く勤められるところではありませんが、短期間に多くの経験を積むことができるのは数少ない利点でもあるので、転職活動に置いてはプラスになりやすいのです。

驚くほどあっさりホワイト企業への転職を決めることができるかもしれません。

 

ちなみに求人費用が無料のハロワや、安いタウンワークはやめましょう。求人掲載に大金のかかるリクナビNEXTなどで活動しましょう。ブラック企業は人の入れ替わりが激しいので、求人にお金をかけていられません。

求人コストを抑えられるハロワやタウンワークはブラック企業の宝庫です。

 

タウンワーク掲載料金表(発行エリア別)|タウンワーク

タウンワーク。1万円台。

 

www.recruitcareer.co.jp

リクナビNEXT。18万円から。

 

one-group.jp

マイナビ転職。20万円から。桁が違います。

誰が辞めても職場はとりあえず回る……けど

ぶっちゃけ、実際は誰が辞めても代わりの人間は用意されるものなので、混乱しながらもしばらくは何とか回ります。ただし、優秀な人間の仕事量を引き継げる人間は多くなく、少なくとも優秀な人間に依存していたスタッフを内部昇格させたところで、抜けた穴は埋められないでしょう。

その結果生じる質の低下や連鎖退職によって組織はさらなるブラックへと向かい、最終的に職場が回らなくなるのです。

 

いくらブラックな職場でも仲の良いスタッフはいるものですから、彼らのことを心配して転職に二の足を踏むケースも多いですが、自分の人生ですからまずは自分が幸せになることだけを考えましょう。

本当に仲が良ければ転職後も友人関係は続きますから、転職がうまくいったら友人にも経験者の立場から脱出のアドバイスをしてあげればよいのです。