積み立て投資と米国株とIPOと副業で資産を作りたい

マイペースに働きながら積み立てやIPO、米国株で資産形成を目指します

【18/8/19】インデックスつみたて&米国株運用状況

スポンサーリンク

インデックスつみたて収支

評価額(円) 274,022(+11,570)

 

f:id:arenablog:20180819023356p:plain

つみたて設定

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

SBI証券のつみたてNISAで一日1,619円。

米国株

評価額(USD) 3,071.34(+122.92)

評価額(円) 340,702(+12,202)

累積配当額 0

 

f:id:arenablog:20180819023449p:plain

f:id:arenablog:20180819023500p:plain

ひとこと日記

f:id:arenablog:20180908201658j:plain

idecoですが、やはり当分参入は控えたいと思います。

 

控除額って年利に直すと1%程度らしいですが、原則60歳まで引き出せないわりに恩恵が小さいなぁと。

何かとんでもなく想定外なことが起こって、イザという時に大金が必要になって、でもidecoだから引き出せなくて、『あぁidecoをやっていなければ……』というシーンがあるかもしれない。

 

『イザという時に必要になるようなお金を投資に充てるな!』といえばもっともらしいですが、それじゃ一般的な収入の若い人は全く投資などできないことになってしまいます。

idecoはもっと資産に余裕のある人が50歳くらいで始めるものではないでしょうかね。。

 

それなら普通に米国株やS&P500を運用して、税金はかかっても年平均5%くらい取るほうが、いつでも動かせるし身軽でいいんじゃないかって思います。

基本動かしませんけど、人生って想定外のことだらけですし。

 

ストレスだらけの現代社会、大企業で安泰だと思っていても部下にとんでもないモンスター(自己愛性人格障害とか)が入ってきて精神を壊されて退職、数年間の療養を余儀なくされるとか。

 

一時の寂しさで身体を重ねた人に何かの間違いで子供ができてしまい、逃げられなくなって搾取婚しちゃうとか。

 

人生観を大きく変える出来事が起こってお金の価値観が変わってしまい、投資自体が虚しくなってしまうとか。

 

月〇万でン十年積み立てでン十年後にはいくらで~……なんてのは机上の空論であり、人生はそんな上手くいかんと思います。

 

でも、それでもやるしかないんですよね。