積み立て投資と米国株とIPOと副業で資産を作りたい

マイペースに働きながら積み立てやIPO、米国株で資産形成を目指します

【18/9/29日記】積み立て投資に至るまで……

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20180929210434j:plain

依然として高値圏で推移。円安も後押ししてくれています。

特定口座の方は今年安値圏で推移していた時に購入したものですが、こっちは既に15%ほどの含み益が出ています。やはり安値圏で積み立て額を上げるというのは有効な戦略ですね。

積み立てっていつかはとんでもない暴落に見舞われると思うんですが、その時自分は耐えられるだろうか。評価額が半額になっても、冷静に積み立てを続けられるだろうか……。

投資遍歴

20代前半、ライブドアショックが起こるまでの株ブームを冷めた目でスルーしつつ、なけなしの十数万で初めて株式投資を始めたのが2007年の7月。数日後に参院選を迎え、その直後にサブプライムショックが起きた。その後病気などで貧乏を極め、株式投資から離れている間にリーマンショック勃発。当時私はネットの掲示板で『ダウすげえええええwww』とか騒ぐだけの外野でした。

 

それからは小銭で恐る恐る、株ではなくFX。あまり良い結果にはならなかった。副業で小銭を手にした時期に第二次安倍政権が発足し、再度株式投資に復帰。バイオ株や新興株のデイトレばかりしていたため、多少利益は出たもののショボすぎる成果。株を長く持つことへの恐怖が凄まじかったため、一度ガンホーを40万で買ったもののすぐに手放してしまった。

 

2013年5月頃の暴落からFXに切り替え、夏ごろまでショート中心の秒スキャで出した利益が短期トレードでの一番の成果だった。その後約定値が滑って思うように利益を出せなくなり、すぐに撤退。FX界隈で秒スキャの口座が凍結されだしたのもあの頃でした。

 

そして当時の小銭は一体どこへ消えてしまったのか。あのお金を今のような投資に充てて、倹約を心がけていれば。あの時インデックス海外投資をアドバイスしてくれた先輩投資家さん、スルーしてごめんなさい。自分がアクティブ運用で市場平均を超えられるような人間でないことが身に染みて分かっていないと、あの手のアドバイスを素直に受け入れられなかった。

 

インデックス積み立てを始めたのは2017年の7月。株を始めてちょうど10年が経過したときでした。

 

ちなみにその時積み立てていた投信は諸事情により一旦今年の2月に全部売却し、現在積み立てているのはその直後に始めたものになります。

 

ちなみに今年の春ごろも懲りずに株や225ミニでデイトレをやっていました。が、ダメっ・・・! あれなは短期トレードやっちゃダメっ・・・! この事をようやく思い知ったのでした。