資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国株を中心としたインデックス投資や連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

お金で99%の物事は解決できるが1%のことは解決できない。だからお金持ちにならなくてもいい?

スポンサーリンク

日本人はお金の話をあまり人前でしたがりませんし、タブーとされているところがありますよね。私は結構知人にお金の話をするのですが、当人に咎められたりします。

よく、お金持ちになりたい人に対して「人生はお金だけじゃない、お金で99%の物事は解決できるが1%のことは解決しない」などと諭して考えを改めさせようとする人がどこからともなく現れます。だからお金持ちを目指すなんてやめなさいとでも言いたいのでしょうか。この論理っておかしいと思います。

 

本当に99%なのかどうかは置いておいて、確かにお金をたくさん持っている人は99%の物事を解決できますが、だからと言って1%の物事を解決できないとは限りません。解決できるかどうかはその人次第です。

 

でも、貧乏な人は99%の物事の大半を解決できないばかりか、お金で解決できないとされている1%の物事も解決できるかどうかは分かりません。やっぱりその人次第です。

 

お金持ちな人→99%もしくは99%+αの物事を解決できる

 

貧乏な人→99%の大半が解決できないばかりかか、1%の物事も解決できるかはわからない

 

絶対量の比較としてどっちがいいかと言えば、そりゃお金持ちだと思うんですよね。他人を陥れてお金を騙し取ってお金持ちになろうとしているのならばその行為自体は咎められるべきですが、ルールに則った正当な投資や商売をしているのですから。