資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(米国連続増配株、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/4/27】家賃節約のための引っ越しを決めた!

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190427145006j:plain

部屋のグレードは少し下がったものの、通勤的にはむしろ楽になります。

 

家賃は共益費込みで48,000円と、今までより月々で18,000円の削減。

 

秋以降は手取り収入の半分程度で生活し、月10万ほどを投資に振り向けることができそうです。

 

初期費用も前家賃を除けば12万ほど。ネット回線申し込みでのキャッシュバックで引っ越し代は相殺できそうなので、7か月くらいで回収できるかな。

 

家賃6,000円ほどの削減でかなり快適そうな部屋もあって揺れ動きましたが、今は将来の資産を作るため、少しの我慢を受け入れようかと。

 

仕事を頑張って収入をスズメの涙程度上げるよりも、節約の方が断然楽。

洗面台独立を諦めた

諦めた要素で一番大きいのが、『洗面台独立』。

 

これ、一気に家賃が上がっちゃうんですよね。。

 

私は2分でメイクが終わってしまうほどの手抜きなので、朝の支度は洗面台ではなくパソコンが置いてある机でやってますし、帰宅してからメイクを落とすために洗顔するくらいしか使わないんです。歯磨きもベッドに寝転んでやってるし。

 

それでも快適ではあるので迷いましたけど、どうしても家賃を下げきれないので諦めました。

 

それより優先度が高いのはウォシュレットですが、不動産屋の人たちが言うにはこれは最初からついていない物件でも、トイレにコンセントさえあれば自分で勝手につけちゃって構わないそうです。

不動産屋で働いている人たち自身も、自宅で勝手に付けているんだとか。

※もちろん、退去時には外す必要があります。

 

大丈夫、初めての一人暮らしは12㎡のワンルームでバストイレ一緒だったし。

今回はバストイレは別だし、お風呂に洗面がついていることくらい何だ。