資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

更新予定⇒不定期で雑記。毎週の収支報告。毎月の給料報告。

【19/6/14】ふるさと納税で無洗米が届いた

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190613015121j:plain

先日のふるさと納税の返礼品、無洗米10kgが届きました。

油断するとつい外食に頼りがちになってしまう私、このお米が届くことで自炊へのモチベーションが上がればいいなと思います。

www.moneypolicy.net

あの後、実は楽天市場経由で追加でふるさと納税をしました。

いつもはふるさとチョイスなのですが、理由は楽天の期間限定ポイントが3000ポイントもあったから。

 

特に楽天市場で買いたい物も無かったし、普段定期的に購入している蕎麦茶(職場で水出しして飲んでる)やカロリーメイトフルーツも送料込みだと割高だったから。

 

普段あまり行かないマクドナルドで無理やり使ってもあまりお得感を感じないし、期間限定ポイントの効果的な使い道を検索して調べていたら、ふるさと納税に使うという答えに辿り着いた。

 

なので、更に5kg分の無洗米(今回届いた米とは違う銘柄の米)がもうじき届くはずです。

 

桃とか良い肉とかは選択せず、ひたすら実用的な無洗米。

 

果物って普段あまり食べないんですが、普段食べない物にふるさと納税というほとんどタダで物を買えちゃう機会を消費するのは、少し損した気分になってしまう。

逆の考え方をする人の方が多い気もするけど、ふるさと納税を節約の機会と考えるか、普段と違う体験をするチャンスと考えるかの違いなのかな。

 

肉、特にステーキ系は焼くのに失敗した時のリスクが大きいし(ステーキはこれまで結構失敗して肉をダメにしてきてる)、すき焼きとかでそこまで良い肉を食べようとは思わない。業務スーパーとかのやつで十分幸せ。

 

そんな私が将来ふるさと納税でフルーツや肉を頼むようになったら、少しは裕福になったということなのかもしれない。

 

というか、沢山稼ぐ人が全力でふるさと納税して全部お米にしたら、とても食べ切れない量が届くもんね。

そりゃあ果物や肉、宿泊券とか頼むよね。

一人暮らしで無理なく米を消費できるか

米って一人で消費するには限度がある。

 

米5kgはおよそ33合ですが、私が米を炊くときは2合炊いて、その日食べる分を茶碗によそい、残りをタッパ2個に分けて冷凍するので、三日(自炊三回分)かけて2合を処理することになる。

仕事の日の朝昼、休みの日の朝はまず自炊をしないので、自炊対象は晩ごはんと、休みの日のお昼。

 

私は年収300万いくかいかないか程度の収入のため、ふるさと納税の枠は多分2.5~3万円ほど。

※2017年260万、2018年290万、2019年280~290万(?)、2020年310~320万(??)せどりの収入は青色申告特別控除のおかげでほぼ税金的に無視できる。

 

大体今の相場だと1万円の寄付に対して無洗米が10kgなので、2.5万円を寄付するとして25kg、つまり165合くらいが送られてくると仮定。

2合処理するのに3日かかるので、使い切るのに約250日(自炊250回分)が必要ということになる。

 

休みの日の昼食、たまに自炊をすることを考えると、一年間の大体三分の一は、晩ごはんを外食に頼ってもいい。

という結論になった。

 

多分今年はあと1万円分、つまり10kgの無洗米を注文できるはずなので、米地獄に陥らないように頑張って消費していきたいと思います。

www.furusato-tax.jp

今寄付をすると10月以降に2019年新米が送られてくるみたい。

美味しかったら早めにリピしよう。