資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

更新予定⇒不定期で雑記。毎週の収支報告。毎月の給料報告。

【19/6/17】ものぐさな人の必需品、ドラム式洗濯機

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190616195021j:plain

今から2年以上前、当時住んでいたマンションの近所にあるリサイクルショップで、ドラム式洗濯機を購入しました。

 

ドラム式って最低15万以上、中古であっても7、8万以上はすると思うんですが、このリサイクルショップで販売されていた2010年製の機種の値段は、なんと2万3千円。

 

私はそれを見つけた途端、頭の中でグルグルと計算をしてその日の内に購入を決めました。

 

弱点は乾燥機能がヒートポンプ式ではなくヒーター式なこと。

 

なので、ニット系とか麻を使っている服を入れるとすぐに縮んでダメになってしまうのです。

 

ものぐさで干物な私はニットや麻だけ乾燥をかけずに干して乾燥させるのではなく、そもそもニットや麻を使っている服を買わない、着ないという対応策に落ち着きました。

 

ちなみにヒーター式にもメリットがあって、衣服のカビや雑菌を死滅させられるので、生乾きの臭いや汗をかいた時の臭いも無縁なのが気に入っています。

 

ヒートポンプ式は温度が低いので、臭い問題があるようですね。。

blog.keyspace.info

ものぐさなヤツが洗濯物を干すことによる損失

元々洗濯機を回してもそのまま放置してしまい、気づいた頃には洗濯機が止まってから半日以上が経過し、仕方なく再度回してまた放置……ということを繰り返してしまう習性がありました。

 

このズボラっぷりとは長年戦ってきたけど、改善しようがないと30余年の人生で悟り、今は受け入れて上手く付き合っていこうとしている。

 

仮に洗濯物を干す時間を一回15分として、三日に一回洗濯をするとすれば一年で120回、合計で1800分(30時間)。

 

当時は前職での仕事に加えてせどりをそこそこやっていたので、当時のせどりの時給2000~2500円程度(※)、まぁ2000円として計算しても、洗濯物を干すことによる損失は年間6万円、5年間で30万円、10年間だと60万円にも上る。

今の仕事の時給、1700円で計算しても年間5.1万円。

※(売上から仕入れ代金、手数料、送料、梱包費用等を引いた粗利 / 仕入れ時間+検品・出品作業、袋詰め、梱包・出荷時間等)

 

上記の計算には洗濯機を回して放置、また動かすという無駄な時間を考慮に入れていないため、実際の損失はもっとだと思う。

 

ちなみに私の所有しているドラム式洗濯機『NA-VD100L』の洗濯・乾燥(3kg)一回あたりの電気代は約37円とのこと。

電気代を考慮に入れるとしても、そのコストは年間4~5千円程度でしょう。

 

ドラム式を購入して、空いた時間に何をしたのでしょうか。

のんびりしています。快適になった生活を噛みしめながら。それだけ。

 

脳のメモリ消費を抑えながら生活できるという快適さは私にとって、とても贅沢なものです。