資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(米国連続増配株、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/6/24】もう取り戻せない……手堅い投資を軽視していた20代、30代前半の時間

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190621030938j:plain

人生において、あまり後悔ということをしない私ですが、20代からインデックス投資のような手堅い投資をやろうとしなかったことは数少ない後悔の一つだと思います。

 

投資自体に関心が無かったのなら仕方ないですが、24歳の頃からバッチリ関心持ってました。

 

当初はバフェットの本を数冊買って読んだりして、デイトレードなどの短期投資とは一線を画したまともな投資をするぞと息巻いていたものです。

 

その後2chの投資系スレに入り浸り、BNF氏やcis氏など凄腕のトレーダーに憧れてすっかり短期トレード志向に染まってしまった私。

小心者なので大損も無ければ大勝もない。

 

アベノミクス開始時には借金返済中ながら、手元にはちょっとした小金があったので、またデイトレードを再開。

株とFXのスキャルピングで多少利益を上げることができましたが、相場の潮目が変わり2013年夏頃に50万円ばかりの利益で撤退。

 

その頃、先輩トレーダーに言われたのが『今のうちにインデックス国際分散投資をしておいた方がいい』というアドバイスでした。

 

インデックスって年数%でしょ……。しょぼくない?? つまんな……やる意味ある?

と、アドバイスを一笑に付してしまいました。

 

なぜ短期トレードに走ったのか。

それは、働くのが大嫌いだったから。

働きたくない。働くのに向いてない。朝起きられない。すぐズル休みする。

だから手っ取り早く逆転したい。

歳を取ってからお金を持っても仕方ない。

 

今は働くのが嫌いといった感覚はあまりない。

 

まぁ前職はブラック過ぎて、最終的に仕事に行くのが嫌になってしまったけど。

そんな感じだから、ゆっくりとしか資産を増やせないインデックス投資のことも受け入れられているのかも。

 

……うん。いや、でも、やっぱり働きたくないわ。

20代前半から真面目に投資してる人は凄い……

20代、社会に出始めて間もない人でインデックス投資をやっている人はマジで凄いと思う。

心の底からそう思う。

 

半面、そんな人も自身を取り巻く環境や人生の状況が変わったり、暴落でうっかり狼狽して損切してしまったら、ぶち切れて短期トレーダーに大変身してしまったり、投資自体を辞めてしまったりしないのだろうか。

 

現時点で賢明な人間は、どこまでその賢明さを保っていられるのだろうか……。

 

年月の経過は資産を強大なものに変えるけど、人だけは変わらない。

なんてことは、ありえないのだから。