資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国株を中心としたインデックス投資や連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/6/26】新時代のデフレ王者、メルカリ。

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190623145927j:plain

メルカリで不要品が数点売れました。売上1.5万円くらい。

 

メルカリって、ほんと値下げ圧力凄いです。

ここだけアベノミクス以前の世界かな? と思うくらいデフレ。

私はいつも高めに出して少しずつ値下げしていくのですが、あれって値下げすると一気にPV増えるんですよね。

 

丁度良い価格になってくると『いいね』がついてきますが、そこからが中々売れない。

 

コメント欄で無茶苦茶な値下げ(※)を要求してくる輩は即座に拒否するけど、厄介なのが最近実装された『オファー機能』。

※あの無茶な値下げ要求の中には、昨今揶揄されている『何でも無料志向の若者』だけじゃなく、仕入れ価格を下げたい転売屋も混じってるんじゃないかなと。私がもしメルカリで仕入れをするなら、数撃ちゃ当たるで値下げ要求しまくると思う。

 

『〇〇さんが〇〇の商品に対して〇〇円のオファーを出しました。あなたが承諾すれば即座に取引は成立します』

 

みたいなやつ。

ちょっと痛いけど承諾できなくもない値下げ価格を提示してくるオファーが多くて、それなりにいいねが付いているのに中々売れない局面だと心が揺れ動いてしまいます。

ワンポチで注文成立しちゃいますからね。

 

オファーを拒否しても、その後徐々に値下げしていったら元々のオファー価格を下回ってしまいそうだし。

それならオファー承諾しとけば良かったじゃん、みたいな。

 

だから私は結構オファー承諾します。

 

ちょっと難しい価格だなぁと一旦承諾拒否しても、再度値下げ幅を縮めてオファーかけてくるのが面白い。

メルカリ最高。便利過ぎてバチが当たりそう。

1円出品とか、どんどん値上がりしていく前提だったヤフオクとは対照的。

そのヤフオクも、今ではメルカリに食われてしまって過疎過疎。

 

メルカリ便利だもん。コンビニから匿名発送できるし。

宛名とか書かなくていいし。

何でも出品できるのはヤフオクもそうなんだけど、安けりゃ使いかけのシャンプーでもチャージ済のSuicaでも売れる懐の深さに関しては、善悪は別としてメルカリには敵わないと思う。

 

たまにメルカリに変な物が出品されたっていうニュースが出るけど、『あぁ、メルカリってそういうとこだもんね』で終わるし。

 

ただ、メルカリで転売してる人もいるだろうけど、基本的に転売で利益を出すには向かないプラットフォームだと私は考えます。

不要品を売ってお金にする場所としては、メルカリが一番じゃないかな。

ラクマとかもあるけど、基本こういうプラットフォームは人口の一番多いところを使うのが最適解と思う。

 

商売として利益を出したいなら、一番儲かるのはAmazon。

単純にお金持ちが多いだけじゃなく、大企業や教育機関、役所だって使ってるから。

そういう団体の担当者は自分のお金じゃないお金で決済できるんだから、高くても買ってもらえやすい。

中途半端な立ち位置のヤフオクは、今後危なそう。

 

若い子は良いなぁと思う。メルカリみたいな便利なツールが最初からあって。

メルカリを使いこなす若者に対して、快く思わない大人も多いんだろう。

彼らも20年前は、ケータイを使いこなして眉を顰められていた若者だったというのに。