資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国株を中心としたインデックス投資や連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/7/10】SBI証券もきた! 米国株最低手数料が無料に!

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190709204911j:plain

住信SBIネット銀行と組み合わせれば為替手数料も安いので、SBI証券が最安となるでしょう。

マネックスの為替手数料無料は、所詮期間限定の無料ですしね。

 

これでSP500ETFや米国連続増配株を買いやすくなります!

お金があればですが!

 

現状ではつみたてNISAの枠を埋めるので精いっぱい。

毎月の住民税の重みが凄い。

 

いや、今後若干余裕は出ると思いますが、生活防衛資金的な貯金はほぼゼロですしね。

こっちも少しは積み増しておかないと。。道は長い。

ちなみに、今後積み増す生活防衛資金は、平時はIPOの応募資金として活用する予定。

 

それがある程度の額になって初めて、ETFや米国株の購入を考えられる。

多分、購入できるようになるのは来年中頃から後半でしょうか。

 

ちなみに、今でも野村や岡三オンラインからのIPO応募は続けてます。

前資金不要で応募できますからね。当たらないけど。

今後一年はつみたてNISA+生活防衛資金の構築

生活防衛資金の額は各々のライフスタイルによって大きく変わる。

 

ネットを検索すると、やれ200万必要! 投資は生活防衛資金を貯めてから!

とかいう書き込みや記事が散見されますが、そんなもんが貯まるのを待っていたら私はアラフォーというよりもガチの40代になってしまいます。

 

幸い親とは10年以上断絶しているし、どちらかというと拒否されている方だから、介護の心配も無い。

一人っ子で少なくとも4親等以内の近親は他にいないから、親類関連のイベントが発生することは無い。

 

友達もかなり少ないし、結婚式に呼ばれる可能性もほぼ皆無。

先日珍しく友達が結婚しましたが、式無しでした。

 

旅行も行かない。行っても青春18きっぷを使って格安で済ませる。

 

急な出費が必要になるケースは家電やオーパーツのiPhone6、PCなんかが壊れた時、あと病気になった時くらいかな。

 

だから、生活防衛資金は少なくていいと勝手に思ってる。

 

大半のIPOに応募できる額を目安としたいので、30~40万とか?

それでも、結構かかりそう。