資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国株を中心としたインデックス投資や連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/7/15】除湿(ドライ)が冷房より電気代が高いという風潮に挑戦してみる

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190715140415j:plain

超暑がりなので4月末からエアコンが活躍しはじめる我が家。

新居で新品に交換してくれた省エネ仕様のエアコンは既に24時間稼働中(仕事行ってる時は切るけど)。

※新品に交換してくれた経緯はこちら↓

www.moneypolicy.net

で、冷房を常に24度か25度設定にしてるけど、なぜか結構湿度が高めになってしまう。

 

大体55%くらい。

 

他の人はどうか分からないけど、私はこの湿度だと結構不快感を感じる。

ベランダの前が壁で日当たりも激悪だから、押し入れの中がかなりジメジメしてるんだよね。

 

ちなみに、日当たりが悪い部屋の方が穴倉感があって好き。

部屋でカーテン開けて裸族になっても誰も覗けないし。

 

できれば除湿にしたいけど、何故か私の中では

『除湿は冷房より電気代が高い』

という説が有力になっていて、これまで頑なに冷房を使ってた。

 

初月の電気代は5,700円。一日当たりの平均使用量は8.1kwh。

これまでの部屋に比べれば、エアコンが最新型になっているぶん、夏場としてはかなり安い方ですが……。

『弱冷房除湿』なら電気代が冷房の約1/3

なぜ除湿は冷房より電気代が高いのか、調べてみました。

すると、除湿には二種類あって、

『再熱除湿』と

『弱冷房除湿』に分かれるようです。

 

電気代が高いのは『再熱除湿』で、上等なエアコンにこの機能がついていることが多いらしい。

『再冷房除湿』は通常の冷房の1/3程度の電気代で済むみたいで、安いエアコンの除湿機能はほとんどがこっちとのこと。

weathernews.jp

普通は安いエアコンの方が電気代が高くなりそうなのにね。

説明書を見たら、うちのエアコン『霧ヶ峰 MSZ-GV2218』も再冷房除湿でした。

 

除湿って部屋の温度が下がり過ぎるイメージだったけど、それはこの再冷房除湿の場合みたい。

再熱除湿は部屋の温度を変えずに湿度だけ落とすような機能らしく、そのために電気代が高いそうな。

 

うちは24度設定の冷房だと室温は大体22度後半から23度、湿度は55%くらいになるけど、除湿(弱)にすると21度台、湿度45%まで下がる。

なのに、除湿の方が電気代が安いの? 本当に? わからん……。

 

とにかく、今日から除湿で一か月過ごしてみようと思います。

本当に電気代が安くなったら嬉しいな。