資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(米国連続増配株、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/8/27】自己成長厨や目標厨な人が苦手だけど

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190827001855j:plain

でも、そういう人たちのおかげで連続増配とかできたりするんだから、否定もできない。

株式会社で働くということはそういうことなのも頭では分かっている。

オワコンオワコンと言われている日本企業だって、四季報を見たら毎年売り上げも配当も増えてるもんね。

 

とはいえ自己成長だの目標だの押し付けられるのが暑苦しくて苦手なのはどうしようもない。

勝手に自分だけでやってくれるなら素直に応援するのですが。

人種の違いを感じるというか、よくそこまで熱血になれるな!? と感心する。

 

育ちの違いなのかな。

無理してない? そんなに頑張って病気になるよ? と逆に心配してしまう。

 

そうか。株主への還元を毎年増やすために社員を自己成長教、目標教で洗脳しているのか。

洗脳が完了したら、布教の急先鋒に立ってもらい次世代の成長厨、目標厨を育成する……。

 

人生のレールに素直に乗っていけるようなピュアな人ほど洗脳しやすいから、新卒が重宝されるのかな。

 

その結果、犠牲になるのは社員一人一人の心の中に閉じ込められた『本当は〇〇したかった』と泣き叫ぶ本当の自分……。

 

 

それはともかく、放置してたまに褒めてもらえるくらいがちょうど良いんだけどなぁ。

そしたら、まったりとマイペースに成長してるからさ。

まともな株式会社というやつは、意識低い系の人間を放置してくれないらしい。

金か……金だよなぁ(カイジ風)

日によってセミリタイアしたい気持ちが大きく上下する。メンヘラか。

資産が300万、500万、1000万と増えていくにつれて、気持ちも変わってくるだろうか?

 

300万といえば、私の父親がよく言っていたことを思い出す。

 

『昔から300万までは貯められる。でも、300万まで行ったら必ず何かが起こって振り出しに戻っていた』

 

と。

昔、水漏れで階下被害を出した時にも相当な額の賠償金を支払い、貯金が一気に無くなったらしい。

 

余談だけど、そういう事態を防ぐために私は日常生活賠償の保険に加入している。

 

月150~300円ほどで加入できて安いのに、もしもの時は億単位の賠償金額まで補償してくれるのでお勧め。

最近義務化されている自転車保険の条例にも対応できるしね。

もっと強力に義務化するべきだと思うなぁこれ。

 

あとこの手の保険は火災保険に付帯されている場合も多いけど、内容がショボく設定されていることが多いので注意ですよ。

 

 

で、300万円というラインは投資やセミリタイア界隈からすれば雑魚もいいところな金額だけど、私としては意識せざるをえない。

 

迷信だけど、私も資産300万円を達成したタイミングで何かが起こってしまうのではないかと思ってしまう。

 

でも、これを超えることで親を踏み越えていける。そんな気がする。