資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国株を中心としたインデックス投資や連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/9/2】奨学金が無くて良かったと思う

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190901234324j:plain

セミリタイア系ブログやTwitterを眺めていると、結構みんな奨学金の返済中であることに気づく。

 

あれって返済に20年とかかけてるらしいですね。

金利はゼロみたいなものだから、18歳がする借金としては破格の条件ですよね。

私がキャッシングやショッピングリボを利用したら、金利18%取られるし。

 

私は高卒なので、奨学金は利用せずに済みました。

中堅大学に行けるくらいの偏差値はあったので大学に行こうと思えば行けたのですが、多額の借金をしてまで行く意味が分からず、行く気になれなかった。

あと、昔からみんながやっていることに刃向かいたくなる中二病体質だったw

 

高校は不本意ながら私立の女子高へ行くことになってしまい、家の教育資金が底を尽きてしまったので、大学に行くなら必然的に奨学金を利用せざるを得なかったんですよね。

当時親が失業していたのも痛かった。

 

主に低所得世帯向けではありますが、今は教育費の支援や無償化策が充実していて羨ましい限りです。

もし子供がいたら

もはやあり得ない話だけど、私の子供には絶対に奨学金なんて利用させたくない。

子供がやりたいことがあったら、どんな事であれ道を用意してあげられる親でありたい。

 

むしろ産まれた時からETFを積み立ててあげて、成人したら口座のパスワードを渡して管理させる。

そうしたら、心に余裕が出て色んなチャレンジができるだろうし。

毎月給料の二割を追加投資し、絶対に売ってはならないという家訓も設定する。

 

そんなお母さんがいたら、カッコ良くないかな。

まぁこんなことを言っていても、実際子供を産んだら育児放棄とかしちゃう人間だと思うので、私の血筋はここでフィナーレを迎えることになるのですが。