資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(米国連続増配株、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/9/6】増税が近いので改めて家計を棚卸してみる

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190906023307j:plain

増税まであと一か月を切りましたね。

この時期になるとニュースサイトなんかでよく見かけるのが、節約の記事。

中身を見ると大抵が保険を見直しましょうとか、格安SIMにしましょうとか、車を手放したり軽自動車に乗り換えましょうとか……。

 

うん。全部やってるし車も持ってないから。。保険も個人賠償責任保険と火災保険だけ。

 

この手の節約の記事を見るとモヤモヤするのは私だけだろうかw

既に10倍界王拳を使ってしまってる状態なんですよ。

ふるさと納税もやってるしね。

 

あと、新聞の購読を止めるとか。生まれてこの方一度も取ったことない。

テレビも無いのでNHK払ってないし。

(NHKがネット配信されたら観念して払います。いずれネット利用者にも請求されるというニュースを見た時は嫌な気持ちだったけど、例の党の醜態を見ていたら、不思議とちゃんと払おうという気持ちが湧いてきました)

 

というわけでめぼしい節約は実行してしまっているので、増税されたらシンプルに2%毟り取られる私です。

 

ポイント還元があるみたいだけど、制度がややこしくて、中小の事業者からの購入が対象で、フランチャイズのコンビニも2%還元に制限されるらしい。

軽減税率といい、ワケわからな過ぎ。。

japanese.engadget.com

マイナンバーカードでも大量ポイントゲットできるみたいだけど、これとpaypayを紐づけるのはさすがに警戒してしまう。

一度紐づけたら、後戻りできないし。

www.fnn.jp

家計チェック

食費は外食など口に入る物全てを合わせて35,000円ですが、ここを削る気はあまりない。維持。

 

ネトゲ(FF14)は6年続けてるけど、1,500円の月額課金以外はかからないゲームだからコスパの良い趣味。友達も沢山いるしね。維持。

 

一方Netflixは数か月前に解約。

現状はAmazonプライムで十分。ちょっとUIが使いにくくてイケてないけど。

 

美容室は2か月に1回、2,500円ほど。

前髪は自分で切ってるし、これ以上空けたらボサボサになってしまうので維持。

 

はてなブログproの会費、月1,080円はお婆ちゃんになるまでお布施し続けます。ストロング維持。でも年払いにはしない。。

 

通信費。mineoが月2,000円、Softbank光が月4,700円。

ネトゲやらない人はこの辺りをWiMAXに統一すると節約できます。維持。

 

コンタクト。3か月分で4,500円ほど。ここは悩みどころなんですよね。

家では基本的に眼鏡ですが、ド近眼なのでめっちゃ目が小さくなります。

仕事も眼鏡にしようと検討していましたが、ただでさえ年中すっぴんで女らしさの欠片もない陰キャなのに、輪をかけて野暮ったくなってしまうので止めました。

 

家賃。5月に引っ越しをしましたが、目的は家賃を下げることでした。

水道代・共益費込みで、前宅は家賃68,000円。今の部屋は50,000円です。

これ以上下げようとするとセキュリティや住民の質的に危険だし、今のところは相場より安くて立地も良く、部屋自体は中々快適なので長く住むつもりです。維持。

 

ちなみに建物のメンテナンスが結構おざなりで、階段の手すりや壁の塗装が剥げまくり、錆び、埃だらけ。清掃は見たところ週一くらい。

前宅は平日毎日清掃入ってました。こういうところが安い理由なんでしょうね。

 

まぁ何か問題があった時は管理会社に連絡を入れるとすぐに対応してくれるので気にするほどじゃないと思っています。

 

服。ほとんど買いません。数か月に一度、UNIQLOで買うくらい。

 

光熱費。電気・ガスともに関西電力。

さすがに真夏は電気代が月7,000円オーバーとなりましたが、最近は気温が少し下がってきて消費電力が少なめです。

ガス代は月1,500円くらい。

 

はぴeみる電のスロットは毎日回しています。

スタンプが貯まると50ポイント貰えるからね。

貰うたびにTポイントに交換して、それが投信に化けています。

スロットは演出が無駄に凝っていて、きっと担当者はパチスロ好きなんでしょう。

 

交際費。数か月に一度、数少ない友達とサイゼでご飯食べるとかそんなレベル。

 

危険なのは職場の飲み会。

企画する人によっては会費が高騰しがち。ごくたまに参加するレベルに止めてる。

 

家計はこんなところ。

やはり大人しく2%毟り取られるしかないようです。

本業の収入もほぼ頭打ちだろうし、やはり副業がカギとなりそう。