資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(つみたてNISA、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国株を中心としたインデックス投資や連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/9/9】秋のIPOがちょっと楽しみ

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20190909002403j:plain

アミファ、ギフティ、HENNGE、アンビスホールディングス。

9月に応募できるIPOの中で、事前入金の要らない野村證券が主幹事の会社。

しかも割と本数のある案件ばかりなので、もしかしたらがあるかもしれません。

 

当選確率はそれぞれ0.5~2%ってところでしょう。

中でもギフティはかなりの枚数が割り振られているので期待できます。

 

え、当選したら入金するお金はあるのかって?

初値で売ればほぼ儲かるのだから、本当に当たったらキャッシングでもして資金を確保するに決まってます。

本当に当たったらね。

 

これまでも事前入金の要らない証券会社の口座からはせっせとIPOに応募していますが、まぁ一度も当たった試しがありません。

特に野村はIPO目当てで開設している人も多く、主幹事の時は大激戦となります。

庶民が応募するIPOはあくまで『無料の宝くじ』

IPOと言えば、最近YouTubeで人気の『Fラン大学就職チャンネル』のとある動画で、証券会社がIPOの抽選を恣意的に割り振っているようなことを言っていましたが、あれ本当のところはどうなんだろう……。

 

LINEのIPOが欲しかったって言ってたから、多分あの会社だと思うけど。

 

知名度的に応募数もめちゃくちゃ多かっただろうし、ネット経由だとせいぜい確率2%とかだったと思うからそもそも当たる方が異常事態なんですよね。

 

あと、IPO界隈で一番有名な某サイトの人は頻繁に当選しているように見えるけど、よく見ると大半がSBI証券での当選画像。

 

SBIはお金があればあるほど有利(申し込み株数が多いほど有利)なので、相当な金額(億単位?)で応募していると思われる。

 

申し込み株数をマスキングしているので、あれを初心者が見たらIPO凄い! 儲かる! ってなるのも無理はない。(私もその一人w)

 

なので、庶民レベルの人間は『IPOは当たらない』というスタンスを基本に、無料の宝くじを楽しめばいいと思っています。