資産:ゼロから始めるアラフォー独身低収入女の投資日記(米国連続増配株、ETF、IPOなど)

30代後半の非正規・独身・にわかオタク・超貧乏な干物女が米国連続増配株でコツコツ資産形成に励みます。給料報告、収支報告、節約や働き方、ライフハックなどの記事を掲載。

【19/10/20】今週の運用状況(米国株、確定拠出年金)

スポンサーリンク

f:id:arenablog:20191019220809j:plain

せっかく派遣登録したのに、仕事を選ぶ気力が全然無い……。

こういう時は無理しない。。

 

労働時間は一般的なサラリーマンより少ないのに、仕事でのMP(メンタルポイント)の消費が大きく、帰宅したらすぐ寝てしまい、夜中に起きてダラダラしてからまた寝る生活が続いている。

 

なんだろうなぁ、昔私の上司だった人は物凄く褒めてくれる人で、それがウザいっていう人もいたんだけど私は嬉しかった。

もう、カメラマンばりに褒めてくれる人だった。

私は単純なので、そんなわざとらしい褒め方でも気分がめちゃくちゃアガります。

 

結局毎日褒めて褒めておだて上げられて、分不相応の地位に上がって潰れちゃったんだけどね。

潰れた頃には、その上司は既に上の地位に行ってしまっていた。

 

今思うと、多分その人は自分の跡取りを育てて上に上がるために褒めまくってたんだろうなぁ。

褒めることに対してインセンティブがあったということだ。そりゃあ褒めるよね。

 

今の職場は減点主義なところがあって、基本的に誰も褒めてくれないのが疲れてしまう。

中には、些細な作業で「さすが!」と褒めてくれる人もいて、そういう時は脳から変な幸せホルモン的なやつがドバドバと出てくるのを感じる。

 

その人も私が見ている限り、そのうち上に上がりそうな気配を醸し出している。

理由はその更に上の上司から、ワンランク上の役割を度々割り振られているから。

褒める上司はその後出世しやすいのかな。

 

あ、私も新人の教育係とかOJTとかやってた時は結構褒めてました。

ちょっとした成長が見られた時は、ありきたりな言葉ではなくて自分の言葉でちゃんと褒めてあげてた。

褒めたことでその人が泣きそうになった時なんか、『フフフ……』って内心してやったりな気持ちになったりね。

 

なので、世の中の部下を持つ上司にはもっと褒めて欲しいなぁ。

matome.naver.jp

最近、家でストロングゼロを常飲する人の気持ちが分かる。

なるべく翌日が仕事という絶望感を感じずに、自宅に居る時間を過ごしたいんだろうな。。

勤務時間に入ってしまえば後は思考停止の奴隷状態ですからね。

 

四桁万円になるまで物凄く長い時間がかかるわけで、それまでの懲役十年、数十年。

ふと想像してしまうと絶望感に苛まれる。これまで浪費してきたことへの後悔とか。

そういうのを私もかき消したいけど、お酒を飲んでそういう感じになったことがないので。。

 

 

某有名ブログの方がセミリタイアを達成されたらしい。。

凄いんだけど、住む世界が違い過ぎて眩しすぎて記事を読めない。。

ああ、私って底辺陰キャだなぁ……と感じる瞬間。

米国株運用状況

f:id:arenablog:20191019200251p:plain

f:id:arenablog:20191019200916p:plain

配当履歴

入出金日 通貨 摘要 入金額
2019/10/15 米ドル 配当金  PM 銘柄名:PhilipMorris Int 5.61
2019/9/11 米ドル 配当金  JNJ 銘柄名:ジョンソン&J 2.07
    合計

7.68

確定拠出年金

評価額 48,975円(+2,975円)

毎月4,000円、先進国株式インデックス投信を積み立て。